◼︎概要紹介
ワールドクラスのコレクターであったユージン・M・シュワルツによる、無駄に大金を費やすことなく価値の高いコレクションを作り上げるためのアドバイスがまとめられている。コピーライターとして広告界で活躍していた彼らしく、内容が端的かつ丁寧に書かれていて、これから本格的にコレクションを始めたいという初心者に向けて、どのようなステップを踏めば、後世へと残る価値高いコレクションがつくれるか、具体的に書かれています。1970年に書かれた文章を元に2011年にEdition Taube版が再編され、初版、二刷共に完売しているベストセラーの和訳版!

◼︎著者紹介
著者ユージン・M・シュワルツ(1927-1995年)はアメリカ広告界のカリスマ的なコピータイターであったと同時に、現代アート作品を蒐集するコレクターとしても名を馳せていた。若手作家や新しい作品を積極的に蒐集し、アメリカ国内の大小さまざまな美術館や教育機関(ニューヨーク近代美術館、デトロイト美術館、ニュースクール大学等)にコレクションを寄贈することで、美術館における若手作家の活躍やコンテンポラリーアートの発展に貢献したコレクター。

【目次】
 前書き
 第一章: 私の仮説

 第二章: 最初にすべきこと

 第三章: ディーラーと仲良くなる方法

 第四章: もっとも良い新作を買う方法

 第五章: ディーラーへの支払い作法

 第六章: アート業界の方から買うべき作品を教えてもらう方法
 第七章: ディーラーを食事に招待したときにすべきこと
 第八章: 「見る目」を養う方法
 後書き


【本文より抜粋】


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
第一章:最初にすべきこと (一部抜粋)
HOW TO GET STARTED.
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

A. 現代アートのコレクションは、実は驚くほどシンプルに安価に始めることができます。アート作品を買いはじめるのではありません。アート作品にまつわる本を買いはじめるのがいいでしょう。

アメリカであれば、以下のような本からはじめると良いでしょう:
    
  1. ユダヤ美術館にて——アラン・ソロモンにまつわる全集。

 

  2. ニューヨーク近代美術館にて——ベン・ヘラーのコレクションや、「現実の芸術 アメリカ1948-1968」展など 、あなたの興味をそそる、あらゆる大回顧展の図録。シュルレアリストたちの図録など。

 

  3. ホイットニー美術館にて——あなたの興味をそそる、あらゆる年鑑図録。...

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
第四章:最も良い新作を買う方法 (一部抜粋)
HOW TO BUY THE BEST NEW PAINTINGS.
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

B. 新しい展覧会に足を踏み入れることは、チャンスを意味します。あなたが無名であったとしても。正しい方法でこのチャンスを捕まえましょう。その方法は以下の通り:

 

  1. 最初のステップが肝心。早く会場に到着すること。そしてもし、これぞという作品に出会い、まだその作品が売れていなければ、その場では買わないこと。まずは取り置きをしてもらいましょう。大抵のディーラーは、一週間の取置き期間を設定してくれます。

 

  2. 足を動かし、死ぬほど勉強すること。一週間の期間を使って、この作品こそが素晴らしい作品であることを自分自身に証明しましょう。ニューヨークのすべての美術館に足を運び、そこに展示されているそのアーティストの、すべての作品について勉強します。そして自分に問いかけるのです:「自分の買おうとしている作品は、それだけ優れたものなのか?」 と。そのアーティストの作品が掲載されているすべての図録も購入します。さらに自分に問いかけます: 「自分の買おうとしている作品は、それだけ優れたものなのか?」 と。(...) 

 

  3. 「同じ値段で、いま自分が気になる他のアーティストの他の作品をみつけたとしたら、どちらを買う?」と自分自身に問いかけます。迷ってしまうようであれば、取り置き中の作品は買わないこと。

 

  4. 作品を購入する前に、最低二回は画廊に足を運ぶこと。改めてみると、最初にみたときにほどの衝撃を感じない作品もなかにはあります。15分間から30分間、目の前で作品を鑑賞すること。余すところなく調べるつもりで、みる。同じ展覧会でより良い作品を探す。「より良い作品」がみつかった場合には、最初の作品は購入しないこと。たとえ、今みつけた作品がすでに売れていた場合でも。

 

  5. この一週間、自分のお金を賭けるか否かの状況のなかで、その賭けから自分自身を守るために、あなたは集中してきました。本来三ヶ月かかる作品鑑賞経験を、七日間に詰め込みました。見る目を養いました。そのアーティストについても多くを学びました。今回学んだことは、そのアーティストが次に展覧会を開くときにも役立つことでしょう。つまり、いま見つけられる中で「最も良い作品」をあなたは買うことができたのです。

 


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
第五章:ディーラーへの支払い作法(一部抜粋)
HOW TO PAY THE DEALER.
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

1. あなたは今、ひとつの作品を入手するだけでなく、未来のコレクションを形成するための一歩を踏み出そうとしています。ディーラーに、あなたは「重要な人物である」と認識されるための行動を取りましょう。

 

2. まず価格について。人は皆、金銭に関してとても神経質です。いかなる大金持ちでも、そこへの神経質さは人を思わしくない行動へと駆り立ててしまいます。あなたこそは、お金について寛大になりましょう。

 

3. たいていのコレクターは「価格交渉」を行います。その交渉はディーラーにとっては不愉快で品位を傷つけるものでもあります。顧客側からの価格交渉は避けるべきでしょう。ディーラーがその作品について触れたときに「素敵な作品ですね」  とコメントし (正しい作品を選んでいれば実際にそう感じるはず)、続いて「通常の10%ディスカウントは適用されますか?」  と尋ねると良いでしょう。どのような回答であっても提示された金額で購入しましょう。

 

4. 以下は、私のもう一つの仮説です。ここ10年間(訳者註:1960年〜1970年)、アート業界の作品価格は信じられないほど安いと感じます。ディーラーたちは自身の扱っている作品価値に気付いていないのではないでしょうか。だから以下のようなことも起こっています。作品を見て価格を聞きながら、私はいつも「素晴らしいですね」と口にする。心からそう思っての言葉です。ディーラーはその言葉を気に入ります。そしてしばらくすると、彼らの方からあなたにアプローチをするようになるでしょう。

 

5. 次に、支払期限の提示を求めましょう。できるだけ長い期間を要求すると良いでしょう。あなたの収入よりも多い額を支払いに回しましょう。そうすることであなた自身、お金を得るためにより一生懸命働くようになるでしょう。

 

6. 決して支払期限に遅れないようにしましょう。ほとんどのコレクターが期限を守らないものです。大金持ちのコレクターであっても。つまりそこであなたがきちんと期限内に支払えば、ディーラーに一目置かれる存在となるのです。ディーラーは喜んでくれます。そしてあなたを信頼するようになります。そして他のディーラーにも、あなたの話をすることでしょう。

 

7. 取引が終わったら、ディーラーに感謝の気持ちを伝えましょう。ディーラーはあなたのために様々なことをしてくれました。ディーラー自身の損得抜きにあなたにとって大切なことをいくつもしてくれたはずです。ディーラーも人間。自身の働きぶりへの評価の声は必ずや嬉しいはずです。加えて、たいていのコレクターは無愛想な態度を取るもの。クールぶって人間味が表出するような態度はあまり取りません。なので、あなたは温かな人間性を出すことで、他のコレクターとの差別化ができるのです。

 

8. ここで、最後のステップ。新しい作品を手に入れたいま、今度は時代を遡りましょう。購入作品以前に制作された作品をディーラーが所有しているか、この時点で尋ねましょう。作品名、制作年を伝えながら聞きましょう。ようやくアートの世界の本当の歓び感じることができることでしょう。その理由は以下の通り:...

 


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
第七章:ディーラーを食事に招待したときにすべきこと(一部抜粋)
WHAT TO DO WHEN THE DEALER COMES TO DINNER. 
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

1. 今やもうあなたはディーラーと顔見知り。作品をディーラーから購入し、その購入作品以前の「有名ながらまだ売られていない作品」を売ってもらえるかどうかも聞きました。食事を共にするには充分に親密な関係です。彼はあなたを家に来ないかと誘う。あなたは彼個人のコレクションを見ることができる。そして、今度はあなたが彼を誘うときがやってきます。

 

2. ここでワインを飲んでいると、新たなチャンスが巡ってきます。様々な都合が絡まり厄介であまり公の場では持ち出したくないような話。でもここでは礼儀に反してもこう尋ねることが賢明であると私は信じています。つまり、「もし***の作品を売ると決めたときには、誰よりも先に、私に売ってもらえますか?」と。

 

3. ほとんどのディーラーはこのリクエストに気を悪くはしないでしょう。なぜならこのリクエストは彼らの「見る目」を褒めてもいるからです。また状況が悪くなったときに、すぐにでも買ってくれる相手がいるということは彼らにとっても心強い。彼らの多くは無鉄砲なタイプなので、(少なくともしばらくの間は)「状況が悪くなる」というのはよく起こること。そしてそのとき、あなたは別の素晴らしい宝を手に入れることができるかも知れないのです。


Coming soon...!(2021年秋予定)

現代アートコレクションのつくり方

¥1,320価格
  • ■タイトル:  
    現代アートコレクションのつくりかた
    [すくないお金で、価値あるアートコレクションを築くには]

     

    ■著者:    
    ユージン・M・シュワルツ

     

    ■仕様:    
    8.8×12.5cm、44ページ、ペーパーバック※予定

     

    ■言語:
    日本語

     

    ■出版/和訳: 
    We Are All Water Press

     

    ■小売価格:
    1200円(税込1320円)